2017年11月07日

樹海の紅葉

紅葉

すっかり、秋ですね。
サヲは秋が好きです。
読書の秋。
みなさんの秋は何の秋ですか?

最近仕事に明け暮れて、その時、思いました。
秋の樹海ってどんなだろう?
歩いたことなかったので歩いてみました。

紅葉

針葉樹の森にも紅葉がありました。
遊歩道は自然にとってはとてもイレギュラーな状況なんです。
光も注ぐし、人が歩いて地面も固くなる。

ギャップからこの紅葉も生まれたかもしれませんね。

紅葉

このコースはよく歩くとこですが広葉樹の森になると、もうイレギュラーの極みのようです。

紅葉

紅葉をたくさん見ることができました。

紅葉

次の写真は閲覧注意です!
サヲは平気ですが細かい集合体が嫌いな方は飛ばしてください。
キノコがたくさん生えてました。


















閲覧注意










紅葉



















閲覧注意










もうじき、冬になります。
昔は夏が好きだった。

年をとってから、秋や冬が好きになりました。

またその時期も歩きたい。
がらんとした樹海も、なんか惹かれるからです。

2017の秋、さよなら。

紅葉

VRはじめました。
すごく下手で申し訳ないです。

でも360度と樹海の相性はとてもいいような気がします。
見ていただけたら嬉しいです。



これリコーがアップデートしてくれた後に撮ったので音も360度になってます。
視点を変えると、音が追従しますよ!

---------

青木ヶ原樹海の写真を無料配布しています。

樹海のフリー素材
木・ヒノキ ツガ モミ 実 新緑 紅葉 不明
草・植物 苔 ミヤマウズラ キノコ ギンリョウソウ 不明
石・地質 溶岩 洞穴 泉 氷筍
虫・昆虫 オオマルハナバチ
獣・生物 コウモリ 食痕
道・コース 樹海 建物 施設 駅 バス 遊歩道 看板
霊・夜



お気軽にご参加ください。
posted by サヲ at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年10月06日

樹海のキノコ

キノコ

雨が降りました。
雨が上がりました。

じめじめの今日は樹海日和、ひさしぶりに歩いてみようとなりました。

キノコ

驚いたのはキノコがたくさん生えてた。

キノコ

キノコ

名前がわからないけれど、いつかのために留めます。

キノコ

キノコ

タマゴダケは食べたことあるけれど、見つけられませんでした。

キノコ

キノコ

※ 決して食べてはだめです。
プロでもさえ、間違えてしまうキノコ。

キノコ

キノコ

この写真の中にもしかしたらレアがあるかな。
そんな妄想にわくわくします。

キノコ

キノコ

もしかして、猛毒が紛れてたらこわい!

キノコ

キノコ

少し紅葉も楽しめた。
秋は何度か歩きたい。

また歩きます。
---------

青木ヶ原樹海の写真を無料配布しています。

樹海のフリー素材
木・ヒノキ ツガ モミ 実 新緑 不明
草・植物 苔 ミヤマウズラ キノコ ギンリョウソウ 不明
石・地質 溶岩 洞穴 泉 氷筍
虫・昆虫 オオマルハナバチ
獣・生物 コウモリ 食痕
道・コース 樹海 建物 施設 駅 バス 遊歩道 看板
霊・夜



お気軽にご参加ください。


posted by サヲ at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年09月11日

樹海の名前がわからない植物観察

植物の名前いくつ言えますか?

サヲはあまり分かりません。
ただ、草や花をみると気は安らぐような気にはなりますよね。

樹海

樹海を歩きます。
清々しい。

5月春の植物たち。

草

草

草

草

名前はわからないけれど観察してみたら。
夏がすぎて、また来てみた。

草

草

何か変化が分からない、何も変わってないような。
植物の種類が減ってる!!
この3ヶ月くらいに、成長して、枯れて、また生えたのか。

もう少し、観察を続けようと思う。
一つ名前が分かれば、それが座標になってすらすら分かるようになるかもしれない。

木も、鳥も同じだった。
植物一つはミヤマウズラなら覚えた。

ミヤマウズラ

また、歩きます。
---------

青木ヶ原樹海の写真を無料配布しています。

樹海のフリー素材
木・ヒノキ ツガ モミ 実 新緑 不明
草・植物 苔 ミヤマウズラ キノコ ギンリョウソウ 不明
石・地質 溶岩 洞穴 泉 氷筍
虫・昆虫 オオマルハナバチ
獣・生物 コウモリ 食痕
道・コース 樹海 建物 施設 駅 バス 遊歩道 看板
霊・夜



お気軽にご参加ください。



posted by サヲ at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) |