2017年06月06日

樹海の霊の声

文章で書くのは残るので
とても怖いのですが留めておきます。

樹海

いつものように樹海散策を楽しんでいるといつもより日が暮れるのが早い。
地域に同じ時間で鳴るチャイムの音。

樹海

冬に歩く経験は少なく、あっという間に暗くなりました。
木に包まれた樹海は外よりも夕闇に帳は降りていく。

不法投棄のドラム缶。
いつか撤去したいなあ。
中には何が入っているだろう。

夜

1000ルーメンで照らしていると
左後ろから女性の声で

「あ」

正確にはその時、僕には何も聞こえなかった。

ただ見られている気配に振り返る。
熊よけの火薬銃を鳴らす。
後ずさりで離れてダッシュって流れ。

リスナーさんが声が聴こえたというのでタイムシフトで確認したら確かに女性の声が録音されてる。
よく女の人と一緒なの?って聞かれていたから背中がぞくっとした。
人間ほんとうに驚くと背中だけでなく頭もしびれた。

夜

盛るとするなら、僕が闇に感じたものは「件」。

記憶は上塗りで美化されていく。
そこには、四つ足の獣が見える。



---------

青木ヶ原樹海の写真を無料配布しています。

樹海のフリー素材
木・植物・溶岩・洞穴・氷筍・植物・苔・生き物・コウモリ



お気軽にご参加ください。


posted by サヲ at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年05月25日

樹海の森のエビフライ

樹海

サヲです。
樹海に森のエビフライを見つけに行きました。
雨がしとしと、舞ったり、止んだり。

看板

最初は精進湖民宿村の東海自然歩道を風穴方面へ。

キノコ

キノコが生えてました。
やっぱり、こんな雨っぽい時こそ樹海って感じです。

ソヨゴ

1ヶ月ぶりの樹海は新緑が綺麗でした。

モミ

この黄緑のとこが伸びたとこです。
長い時間をかけて少しずつ成長していきます。

森のエビフライぜんぜんないです。
場所を変えます。

看板

次は西湖のコウモリ穴から野鳥の森方面へ。

森のエビフライぜんぜんないです。
2、3月はたくさんあったのにな。

ギンリョウソウ

ギンリョウソウ見つけました。
白い幽霊。

神秘的で、綺麗で、樹海が好きになります。

実

ぼっくりが落ちてた。

食痕

食痕も。
リスや小動物の気配がでてきた。

食痕

あった!

嬉しかった。
実は3回くらい樹海に入っても見つからなかったから。

食痕

連続で見つかった。

みなさんはご飯はどこで食べますか?
サヲは家で食べます。
安心できる場所、リラックスできる所。

食痕

動物はご飯を食べるときにスキができてしまいます。
食痕がある場所は安全な所とも言い換えられますね。

食痕

リスや小動物は外敵から身を守るために見晴らしのいい場所で食べます。
すぐ近くに木があれば上にも逃げれますね。

食痕

何を食べてるのかは、ぼっくりの隙間、奥に栄養の実があります、それです。

松の実を見たことありませんか?
おしゃれなサラダに入ってますよ。

食痕

この小さな実をがんばって食べた跡ですね、森のエビフライ。

雨が強くなってきたので帰ります。
雨の樹海はいいですね。

樹海

緑に包まれていて隔離されているように錯覚します。

明日からもがんばっていきたいサヲです。

---------

青木ヶ原樹海の写真を無料配布しています。

樹海のフリー素材
木・植物・溶岩・洞穴・氷筍・植物・苔・生き物・コウモリ



お気軽にご参加ください。






posted by サヲ at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年04月20日

樹海のオオマルハナバチ

オオマルハナバチ

サヲです。

樹海を散歩していると羽が震える音が聞こえました。
でっかいハチ、こわい。

オオマルハナバチ

よく見たらかわいいハチが蠢いていて
どうやら飛べない様子。

オオマルハナバチ

オオマルハナバチでした、家に帰って調べて分かりました。

・ヨーロッパからきた。
・トマトの授粉に大活躍。
・クマバチやミツバチと同じハナバチ種。

オオマルハナバチ

ハチは航空力学上飛べないっていうのは都市伝説のようです。
小さい生き物から見ると、空気はとても濃くて、粘性があり
その粘りを利用して飛んでるそう。

オオマルハナバチ

かわいいハチだ。
温和な性格で危害を与えないと襲われることはないそう。
ハチは小さいゆえに、飛べるなんて夢があっていいなと思うサヲでした。

オオマルハナバチ


樹海放送 お気軽にご参加ください。

青木ヶ原樹海の写真を無料配布しています。

樹海のフリー素材
木・植物・溶岩・洞穴・氷筍・植物・苔・生き物・コウモリ





posted by サヲ at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) |