2017年04月18日

樹海のミヤマウズラ

サヲです。

植物の名前いくつ言えますか?
樹海の中にはどんな草や花が咲いているのでしょう。

ミヤマウズラ

今日はミヤマウズラを見つけました。
樹海の入り口から300メートルほど往復してみましたが
2017年の4月中旬、現在は2種類ほどの草がありました。
花はゼロです。

ミヤマウズラ

ミヤマウズラのこどもです。
いずれ、花もつけるそうなのこのブログを観察日記として更新していきますね。
と思って調べたら9、10月くらいに花期なそう。
でも気長に更新してみます。

ミヤマウズラ

深山鶉と書きます。
葉の文様が特徴的で覚え易かった。
鶉(ウズラ)のような模様です。
これが江戸時代後期に錦蘭と呼ばれて人気だったそう。
栽培や育て方が難しいので見たいときは樹海で見ようと思います。
ラン科 シュスラン属の植物。

ミヤマウズラ

茎は地を這い、節ごとに根を張る。


もう一つの草はまだ名前がわかりません。
こちらもわかり次第、観察日記を1ページ作って行こうと思います。
↓9/11作りました!
観察日記

樹海放送 お気軽にご参加ください。

青木ヶ原樹海の写真を無料配布しています。

樹海のフリー素材
木・植物・溶岩・洞穴・氷筍・植物・苔・生き物・コウモリ

↓更新しました。続きを読むをクリック!


5か月後、9月に追記。

9、10月くらいに花期ということで来てみたのですが、

ミヤマウズラ

ミヤマウズラ

花はおろか、成長してないような。
まるで一度枯れて、また生えたかのような。
また来てみます。



10月きてみました。

ミヤマウズラ

変化ないですよね!
9月、10月には白い花が見れると聞いていただけに心が折れそうです。
posted by サヲ at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179480298

この記事へのトラックバック