2018年01月04日

樹海の毒アセビ

樹海には毒の木があります。
アセビ…馬酔木、馬が酔う木!

アセビ

葉、樹皮、花に強い有毒成分があります。
葉を食べるとよだれ、嘔吐、下痢、手足の麻痺を伴い、酩酊状態になる。 

アセビ

牛で体の1%で死に至るそうなので
人70キロの1パーセントで700グラム??
わかりません、絶対食べないでください。

アセビ

樹海には同じ広葉樹でソヨゴという木がありますが
葉っぱを見たらわかると思います。

アセビ

アセビはソヨゴより長い。
食べるわけないと思いますが、何度も言いますが、絶対食べないでください!



---------

青木ヶ原樹海の写真を無料配布しています。

樹海のフリー素材
木・ヒノキ ツガ マツ モミ ソヨゴ アセビ 実 新緑 紅葉 不明
草・植物 苔 ミヤマウズラ キノコ ギンリョウソウ 不明
石・地質 溶岩 洞穴 泉 氷筍
虫・昆虫 オオマルハナバチ
獣・生物 コウモリ 食痕
道・コース 樹海 建物 施設 駅 バス 遊歩道 看板 富士山
霊・夜



お気軽にご参加ください。




チャンネル登録お願いします。
posted by サヲ at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年12月30日

樹海のアカマツ

マツ

樹海放送のサヲです。
空気がきれいな森にマツがありました。

マツ

樹皮が赤いのでアカマツ。
亀の甲羅のように亀甲状に割れています。
クロマツと比べて葉がやや細く柔らかく、手で触れてもほど痛くない。
明るい場所を好む陽樹なので樹海の端っこや広葉樹の森に多かった気がしますよ。

マツ

一年中緑で葉を落とさないから縁起がいい。
永遠の命を象徴していて神様をお待ちするのにふさわしい木だそうです。
神様が宿る木…マツ!

マツ

見てみてください、松の葉っぱです。
堕ちるときには二本セットということで
「枯れて落ちても二人連れ」というエモい歌が江戸時代に人気だったそう。
変わらぬ愛を唄う…樹海にて。

マツ

ぼっくりがたくさん。
けものが食べる種はこの奥のほうにあるんですよ!
おつまみでよく知られている松の実です。

マツ

マツ

マツタケは秋に採れるそうですが樹海は少ないらしいです。
根本から押し上げるようにして優しく採取するのがコツ。
素人が強くほじくりかえすとシロが破壊されて松茸が生えなくなってしまいます。



---------

青木ヶ原樹海の写真を無料配布しています。

樹海のフリー素材
木・ヒノキ ツガ マツ モミ ソヨゴ 実 新緑 紅葉 不明
草・植物 苔 ミヤマウズラ キノコ ギンリョウソウ 不明
石・地質 溶岩 洞穴 泉 氷筍
虫・昆虫 オオマルハナバチ
獣・生物 コウモリ 食痕
道・コース 樹海 建物 施設 駅 バス 遊歩道 看板 富士山
霊・夜



お気軽にご参加ください。




チャンネル登録お願いします。
posted by サヲ at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年12月26日

樹海のソヨゴ

樹海放送のサヲです。
光がさす明るい森にソヨゴがありました。

1.jpg

樹海の遊歩道は自然にとってのイレギュラーなので落葉しない常緑広葉樹林が多いような気がします。
ソヨゴあとアセビ、カエデ等々…。

2.jpg

果実は5-6 cmの柄があってぶら下がりっていて秋に赤く熟します。
野鳥が好むそうでバードウォッチングが楽しめますね!
庭木に人気なのも頷けます。
楽天市場で見てみると数2,3万円くらいでしたよ。

3.jpg

枝は灰色、幹に白い斑点がありました。
根は浅く張るために成長すると倒れやすい。
樹海は土が少ないのでなおさらですね!

4.jpg

サヲは葉っぱの特徴から覚えました。
風に吹かれたときにソヨソヨするのでソヨゴ、わかりやすい特徴でした。

葉は長めの葉柄 (茎・枝につながる所)
縁は滑らかだが波打つのが特徴。

5.jpg

拡大でこんな感じ。
光沢があってのっぺりした外見。

5月〜6月に小さな白い花を咲かせるそうなので楽しみにまとおう待とう思います。その時またここに白い花の写真をうpしますね!



---------

青木ヶ原樹海の写真を無料配布しています。

樹海のフリー素材
木・ヒノキ ツガ マツ モミ ソヨゴ 実 新緑 紅葉 不明
草・植物 苔 ミヤマウズラ キノコ ギンリョウソウ 不明
石・地質 溶岩 洞穴 泉 氷筍
虫・昆虫 オオマルハナバチ
獣・生物 コウモリ 食痕
道・コース 樹海 建物 施設 駅 バス 遊歩道 看板 富士山
霊・夜



お気軽にご参加ください。




チャンネル登録お願いします。
posted by サヲ at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) |